2015年06月16日

新たなスタート

この度、井本整体人体力学福岡教室が6月13日より始動しましたぴかぴか(新しい)

地下鉄祇園駅よりすぐという、好立地。


そして東京本部道場と同じカーペットが引かれた新道場。

IMG_0026-300x200.jpg

それだけでも気が引き締まります。

一つずつ必要なものが届き、道場らしくなっていきました。

立派な福岡操法室も出来上がり、
IMG_0081-300x200.jpg

大きな羊の会会長の力作、下駄箱でお出迎えぴかぴか(新しい)
IMG_0055.JPGIMG_0058.JPG



この日は井本先生も駆けつけて下さり、私たち講座生のために特別に講義をして下さいました。

初等からプロまで、みんなで腕の三里の練習です。
IMG_0014.JPGIMG_0006.JPG



特別講座になかなか出ることが難しい地方講座生にとって、素敵なプレゼントとなりましたプレゼント

しかも骨折中の講座生に対して臨床の実践をご指導頂けたのは、何よりも勉強となりましたグッド(上向き矢印)
IMG_0054.JPG


素晴らしいスタートの日を迎えた井本整体人体力学福岡教室。

これからどんな『華』が咲き誇るのでしょう・・・

いえ、

たくさんの『華』を咲かせていきたい・・・そう思いますひらめき


どうぞ皆さま、これからも井本整体人体力学福岡教室を宜しくお願い致します。


新道場を構えるにあたり、井本先生をはじめ、皆さまの温かい心遣い、
本当にありがとうございました!!


東京本部講師 早川先生より
IMG_0077-300x200.jpg

女性講座講師 砂塚先生より
IMG_0078-300x200.jpg

徳山室受付&門下生の皆さんより
IMG_0083-300x200.jpg





続きを読む

2015年03月28日

4月ワークショップのご案内

桜が咲く季節となりましたねぴかぴか(新しい)

福岡は来週あたりが見ごろといった感じでしょうか・・・

皆さまのところは、いかがでしょう?? 

三分咲き?? 五分咲き?? 満開?? 

新しいスタートを切る入社式、入学式に花を添えてもらいたいと願うところでするんるん

さて、4月のワークショップのご案内です。

お体のメンテにいらして下さいね〜〜〜

●日程

※時間帯が違いますので、ご注意下さい※


4月8日(土)11:00 〜 12:00
4月18日(土)11:00 〜 12:00 (←申し訳ございません、訂正です)


4月21日(火)14:00 〜 15:00



●場所:春日市クローバープラザ西棟8階 


●参加費:1回 1000円(小学生以下は半額)


■持ち物など:動きやすい服装でお越しください。(更衣室は準備します)


汗をかきやすい方は、着替えをご持参ください。


今年は何かを始めるぞ!!!

と、お考えの方、「人体力学体操」始めてみませんか??

自分の体と向き合うことが全ての始まりですひらめき

ご参加、お待ちしておりますグッド(上向き矢印)
続きを読む

2015年01月05日

1月のワークショップのご案内

明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)

皆さまにとって素敵な一年となりますようにぴかぴか(新しい)

今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、年末年始はごゆっくりお休みになれましたか??
元旦は寒かったですね〜雪
体調はいかがでしょう???
風邪、ひいてませんか???
忘新年会で食べ過ぎた・・・あせあせ(飛び散る汗)
飲みすぎた・・・あせあせ(飛び散る汗)
体が重い・・・と感じられてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

新春1月のワークショップを以下の日程で行いますので、
是非、お体のメンテにいらして下さいグッド(上向き矢印)

●日程

※時間帯が違いますので、ご注意下さい※


1月14日(水)14:00 〜 15:00


1月24日(土)11:00 〜 12:00



●場所:春日市クローバープラザ西棟8階 


●参加費:1回 1000円(小学生以下は半額)


■持ち物など:動きやすい服装でお越しください。(更衣室は準備します)


汗をかきやすい方は、着替えをご持参ください。


筆記用具、タオルを一枚ご用意ください。


ご参加、お待ちしておりまするんるん

2014年12月29日

年末のご挨拶

2014年も残すところあと2日となりました。
皆さまにとって、どんな1年だったでしょうか??

井本整体福岡講座は新しい仲間が増え、新しい風が吹いた1年でしたぴかぴか(新しい)

人体力学から体を読む井本整体が、福岡・九州各地に少しずつではありますが、
広まっていくのを実感していまするんるん

私たち講座生は、一歩進んでは壁にぶち当たり、そして越えていく・・・
整体の奥深さ、そして私たちの体が本来持つ素晴らしい「生きる力」を
改めて感じた1年でもありました。

来年はさらに、さらに大きく飛躍していきたいと思います。
大きな「羊」の会ですからわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

ぎりぎりまでお仕事をされている方もいらっしゃるでしょう。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいグッド(上向き矢印)

今年1年、どうもありがとうございましたぴかぴか(新しい)
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

井本整体福岡講座大きな羊の会一同

2014年09月08日

思い起こせば・・・

9月に入り、朝晩過ごしやすくなりましたね。
今日は、中秋の名月・・・十五夜ですねぴかぴか(新しい)
福岡ではキレイにお月様が見えそうです。

思い起こせば、数年前の福岡セミナーの前日も
「中秋の名月」が重なった時がありました。
セミナーの前日は講座生を対象とした夜間練習会があります。

その時しか知りえない技術を井本先生より教わるために前日から
指導者の先生方、講座生の方々が集まり、すでに会場は熱気ムンムンですダッシュ(走り出すさま)

休みなく患者さんを診、講座生のために講義をして下さる井本先生に
「中秋の名月」を感じてもらおう・・・
そう思ったスタッフが考えたこと。。。

満月とウサギをモチーフにしたお菓子を井本先生にお出ししたのですひらめき

セミナーが終わった時にそれとなく、お話してみると
「そうでしたか・・・」
少し懐かしむような、何とも言えない表情をされた井本先生・・・

走り続ける井本先生が、今年も福岡セミナーにいらっしゃいまするんるん

そうです、10月5日(日)でするんるん

早いもので、もう1か月をきってしまいましたが、まだまだ受付中です。
早割は終了しましたが、家族割りはご利用できますので、
是非、ご家族で参加されませんか?
もちろん、おひとり様でも大歓迎ですぴかぴか(新しい)


(詳しくはこちらを⇒2014セミナーパンフ.pdf

お申込は、参加申込書・アンケート用紙をダウンロードし、
メール添付、もしくは、お電話にて承ります。

メールアドレス: imotoseitaifukuoka@yahoo.co.jp
お電話番号 : 080-1738-2156 (担当 安藤)

(別紙 申込書・アンケート用紙はこちら⇒
2014第10回井本整体秋の福岡セミナー参加申込書.pdf
2014第10回井本整体秋の福岡セミナー事前アンケート.pdf)


井本先生2013.bmp
(2013年福岡セミナーにて 講義をされる井本先生)


井本整体、初心者の方も、他の療術家の方も、
ご興味がある方は、是非是非、お越しくださいぴかぴか(新しい)

気付きがあるはずですひらめき

皆さまのお越しをお待ちしておりまするんるん


2013年03月06日

3月の人体力学体操ワークショップのお知らせ

2日の人体美学の女性セミナーには
たくさんの方のご参加、本当にありがとうございました。

また女性のみなさんの体を美しくしなやかにできるような企画を考えたいと思います^^。


さて女性だけでなく男性も子どもも参加できる
3月の加島先生の人体力学ワークショップ

12日(火)、23日(土)の2回です。


花粉の季節になりました。
私の周囲にも花粉症の方が多くいます。

それに加え、福岡は、pm2.5問題やら黄砂やら
何かと肺に負担をかけることが多いですね。

外因を予防するのも限界があります。

ぜひとも人体力学体操で体の内側を強くして
これからの季節に備えてください!


整体が初めての方も大歓迎です。
人体力学の10秒刺激の効果を体験してくださいハートたち(複数ハート)


■2013年3月12日(火) 13時〜14時

春日市クローバープラザ 西棟8階第2和室



■2013年3月23日(土) 11時〜12時

春日市クローバープラザ 西棟8階第3和室


参加費:1,000円(小学生以下半額)

持ってくるもの:筆記用具、タオル、必要な方は着替え


体操をしやすい格好でお越しください。
更衣室を用意しておりますので、
室内で着替えも可能です。

おまちしておりまするんるん

2012年05月02日

新年度を迎えて つづき

そんなUさんが、昨年度は1年間、
大きく体調を崩すことなく過ごせました。

話を聞くと、井本先生に気胸になった時の対処法をお尋ねして、
「なりそう」と予感のしたとき、
または空気が漏れてポコポコ音のするとき、
それを実行したそうです。

すると大事に至ることなく、再び通常の生活が・・・

いえいえ、通常以上です。

私など、職場、家庭と彼女と同じような生活をしろと言われても・・・

検診を受ける病院の医師にも、
なぜ、それだけ元気に過ごせているのかを尋ねられるそうです。

もちろん自分でなんとかしようとする彼女自身の精神力の素晴らしさと同時に、
井本先生の力、整体のすばらしさを実感せずにいられません。

こんな中、職場からまた、二人の同僚が操法を受け始めました。

二人とも、1回の操法で体が変わることを実感したようでした。

一人の方は、検査の数値におびえ、
いつ発症するかと不安を抱えていた人でした。

発祥を待つだけとなっていた彼女は、
自分のカラダがよいほうへ変わることが実感できたことで、
それまでの自分が、数値に追い詰められ、
不安の中で生活していたことが感じられるようになっていました。

「手がこんなにあったかい」と知らせに来てくれた時の表情は、
これまで見たこともないほど、明るいものでした。

その笑顔に、
「ほんとに整体は人を幸せにしてあげられる、
 すばらしいものなんだな。」
と改めて思います。

高等講座の学びを始める前に、このような経験ができたことは、
本当にありがたいと思います。

私自身の学びは遅々とした歩みですが、
自分の学びが、役に立つ日を夢見ながら
(ホントに「夢」では悲しいですが・・・)
この1年、学んでいきたいと思います。


2012年05月01日

新年度を迎えて

空まめです。

新年度を迎え、なんとか高等講座生になりました。

これまでブログには、
自分の小さな気付きをあれこれ書いてきましたが、

今回は、井本先生の操法を受けている
同僚のUさんのことをお話しします。


いつも、明るく元気で、そして一生懸命。
人一倍、熱心に仕事に取り組んでいる姿に感心していました。

でも、話を聞いてみると、
現代の医学では治療できない病気を抱えているとのこと。

難病指定されており、
年に1回は専門医のいる東京の大学病院で検診を受け、
そのためには地元の病院で月1回の検診をしなければならないとのこと。

もちろん検診だけでなく、
調子が悪くなればその都度、受診をしなければなりません。

「気胸(ききょう)」といい、
肺に穴が開き、空気が漏れることが、
職場でも何度もあったようです。

私たちの血液には酸素が含まれていますが、
それを測定する機器で酸素濃度を測ると70台になることもあったと言ってました。
(ちなみに通常は下がっても98程度です。立派な救急搬送対象者です。)

一昨年は、時々お休みの日もあったことを記憶しています。


私は、Uさんだけでなく、(皆さんには失礼ですが)
勉強のつもりで職場の方々を時々眺めます。

ある日、Uさんの肩が大きく落ちていました。

「大丈夫。」と聞くと今回は何をやっても
胸の違和感がとれないと辛そうでした。

その時、私は初等講座生。

へそ十字のあたりを勉強中でした。

「もしよかったら、お腹をみせてもらってもいい?」と言うと、
「是非。」ということで、私も、多分Uさんも、落ち着かないまま、
お腹をみせてもらいました。

「う〜ん、こんな時なのに、何もわからない。」(焦る・・・)

多分、症状や病気のことを聞いていたからだと思いますが、
お腹の右側やおへそ右側(肺の急所)の力が抜けているように思いました。

とりあえず導気。

2度ほどUさんの体が緩むのが分かりました。

できたのはそれだけだったのですが、
「気になった違和感がなくなりました。」とUさん。

「なるべく早く、井本先生に診てもらった方がいいよ。」と話しました。

でも、頑張り屋のUさんはすぐには操法に行かず、
週末の予約日まで、通常通り仕事をしていました。

私は内心、
「えー、これってよかったのかしら。
 むしろ、結果的にはよくないのかも。」
と不安に思ったり、導気の力にびっくりしたり。


つづく

2012年03月13日

似て非なるもの

空まめです。

腰の入ることがどれだけ重要か思い知った後、
私の「返信マイナーチェンジ」は続きました(否、続いています)。

以下、門下生の先生に
「空まめさんは、ヨッシャと力が入るから」と言われました。

「ふ〜ん、じゃ、よし!くらいにしましょう。」と書きましたが、

その「よし」加減ができません。

姿勢を作ろうといろいろ試すとき、形をイメージしてしまいます。

理想は井本先生。

「先生のお尻は、横から見るとこんな感じ?」と真似てみます。

その時、すでに私の全身には力がみなぎって(?)います。

「おかしいなぁ、いい姿勢のはずなのに、なんでこんなに苦しいの?」

・・・当たり前です。

私のは形を真似ているだけ。
型ではないのです。

型について井本先生より、講座生に質問がありました。

すぐに思いついたことを書いたのですが、
自分の思慮の浅さに再び気づくことになりました。

型には自由さがあります。

どんな体勢になっても、相手に対応できる柔軟さがあります。

生きています。

「ああ・・・これが型っていうことだったのか。」と
自分の考えを何度も修正することになります。

と、気づいたのだから、

今度は、生きた、自由な体をつくりたいと思います。

その時にも、空まめ、本領発揮!

なかなか、微妙な、ほんとに微妙な力加減と位置が取れません。

頸椎、胸椎、腰、自分の思った通りにいきません。

「人の体の微妙さ、精巧さ、複雑さ」(自分の体でさえ!)

整体的には、腰の抜けた「腰抜け族」と
腰の入った「腰入り族」の2種族しかいないと思う今日この頃。

来年度は「腰入り族」の仲間入りができればいいなと
切に切に願う空まめです。

2012年03月12日

三歩進んで二.九九歩下がる

空まめです。

講座生生活も2年目が終わろうとしています。

1年目にくらべ、今年は「私、何を学んだだろう。」と思うくらい、
自分がほとんど変化していないように感じます。

できるようになったことはほとんどありません。

でも、この1年は自分の体と向き合う年だったのかなと思います。

以下、今年のエピソードをご紹介します。


--------
前回、「腰は要」と少々、お調子者になってご報告しました。
その後、半月くらい浮かれて過ごしていたある日の朝、
私を、悲劇が襲いました。

起きて、ズボンをはこうとした時、左腰が「グキッ!」

「えー、何?何?これって・・・」

だんだん体が硬くなるのが、分かります。

でも、動こうと思えば動けます。

世間で言うぎっくり腰とも違うような・・・
腰を入れることを意識すれば、ちょっと痛みがなくなるような・・・

「これは(知っている人は知っている)「巨人の星」大リーグ養成ギプスならぬ、
 『腰入れ養成ギプス』?」

などと思いながら、あれやこれや試しながらの毎日でした。

しかし、ちょっとよくなると、「ほら、こんなに体が柔らかいの」と
職場でY字バランスをやり、後戻りしたり・・・。

「なんて、わたしゃ、お調子者・・・。」

そして、なんとか痛みが遠ざかったのが
12月の末頃でした。

(もしかすると、調子に乗って一気に腰に負担をかけてしまったのが
 原因かもしれません)

腰を鍛えて違う人間になるつもりでしたが、
"変身"することは一朝一夕にはいかないことを思い知りました。

続く