2015年07月16日

雨にも負けず、風にも負けず・・・

五島、行ってきましたぴかぴか(新しい)

そう、台風9号が来る中を・・・

雨にも負けず、風にも負けずに・・・ダッシュ(走り出すさま)

海上は大時化で博多からのフェリーも途中までしか行かず、海上タクシーに乗って

大揺れの中、向かった福江船

いやいや、すごい揺れでした。

ジェットコースターですよ、海上の・・・

IMG_0081.JPG
(海上タクシーに乗船中)

船の中は、大きな揺れの度にキャーッと歓声があがり、、


着くころには、手に汗びっしょり・・・

辿りつくのか分からないまま出発した私たち一行。

無謀といいますか、すると決めたらやってしまう潔さ・・・

これが大きな羊の会メンバーなのです。

さて、着いた先の会場はこんな感じです。

IMG_0100.JPGIMG_0097.JPG

何人の方が参加してくれるのか・・・

次々に参加者がいらっしゃいます。
IMG_0107.JPG

会場は私たちを含めて30人以上の人で、埋め尽くされ始まった初のワークショップ in 五島。

人体力学の説明から、この時期に必要なこうもり様体操、そして腸骨体操の連続。

IMG_0112.JPG
(人体力学を説明する本園先生)

IMG_0114.JPG
(こうもり様体操をする藤本先生)

T8の呼吸法・・・
IMG_0119.JPG
(呼吸法をする松口先生)

そして最後に参加者からのご希望で、上下ねじれの体操。

主催の高山さんのお話で締めくくった初のワークショップは、楽しい楽しい時間でした。

悪天候にも関わらず、お越し頂いた皆さん、ほんとにありがとうございましたぴかぴか(新しい)

また次回、お会いできることを願ってるんるん

IMG_0124.JPG

ワークショップのあとは、なが〜〜〜い旅路も終わり、やっぱりお疲れ様乾杯ですビール

IMG_0134.JPG

すっごい経験ができた、奇跡のワークショップ in 五島


次は何処へ〜〜〜〜〜グッド(上向き矢印)

2015年06月20日

オープニングセミナー報告記

6月14日(日曜日)、新道場にてオープニングセミナーを行いました。

13時からのセミナーに参加者の皆さんが次々に新道場へと入っていきます・・・晴れ
IMG_0086.JPG

50名近くの方々で埋め尽くされ、広々と感じた新道場も手狭になるほどでした・・・・あせあせ(飛び散る汗)
始まる前、一人で進行の最終チェックをしていた司会の井口さんの
IMG_0084.JPG IMG_0094.JPG

心地よい語り口で幕を開けたセミナーは、藤本先生の井本整体・整体法の紹介、そして
場内を一つにした深息法へと続きますぴかぴか(新しい)
IMG_0099.JPG (藤本先生と井上先生)

IMG_0104.JPG 
IMG_0115.JPG(赤ちゃんも心地よく・・・)

気が高まったところで、本園先生による人体力学についてのお話は、
会場の皆さんを引き付け、

IMG_0117.JPG

この時期に必要な体操、そして女性にとってとっても重要な体操へと進みました。

IMG_0113.JPG  
IMG_0118.JPG

熱心に体操をし、程よく汗を流し、参加者の皆さんの気の高まりで会場内は
盛り上がり、いよいよ、井本先生のご講義ですひらめき

IMG_0126.JPG


いろんな例を挙げながら、説明をして頂いた救急操法である「化膿活点」
IMG_0131.JPG

そして、門下生の種本さんによる股関節を調節する体操を紹介して頂きましたぴかぴか(新しい)

IMG_0145.JPG

予定していた時刻もあっという間に過ぎ、気付けば1時間延長・・・

一緒に盛り上げ、心地よい空間を作り上げて下さった、参加者の皆さま、
ほんとにありがとうございましたグッド(上向き矢印)
皆さんの熱意に、私たちスタッフもどれだけ後押しされたことでしょう・・・

また、急に決まったセミナーなので、都合が合わず参加したくても出来なかった方、
セミナーが終わった後に、知った方・・・・
たくさんいるかもしれません・・・
少しでも当日の雰囲気が伝わるでしょうか???
次回は是非、一緒に盛り上げて下さいexclamation×2

参加された皆さん、次回お会いするとき、皆さまのお体に、心に変化が
あることを願ってますぴかぴか(新しい)
井本整体人体力学をもっと、もっと好きになって頂きたいですハートたち(複数ハート)

またご参加下さいね。

簡単ですが、セミナーの報告でした。


ありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






2013年10月16日

福岡セミナーを終えて

福岡セミナーの実行委員長の松本です。

 9月29日(日)たくさんの方々のご協力で「2013年(第九回)井本整体 秋の福岡セミナー」を無事終えることが出来ましたこと、福岡講座生を代表して皆様に心から御礼申し上げます。

 今回のセミナーでは「人体力学で読む体の観方」をテーマに選びました。

 病気や不調を起こす根本原因が体のどこにあるかを読み、病気や不調に悩まされない体作りをするために、数ある「操法と体操」から、特に呼吸器に関連の深い「肋骨と肩甲骨」に焦点を絞り、ご紹介しようと決めました。

 テーマ選定と具体的な内容の選択に少し手間取りましたが、実習して頂く「操法と体操」を各2つに絞り、早速練習を開始しました。

 「操法と体操」を各2つに絞ったことで、講座日が異なる講座生も、自主練習の時間帯などを利用して練習が効率的、且つ密に行うことが出来ました。

 また、「操法と体操」をご指導頂く先生も島村先生お一人に限定させて頂くことで、「操法と体操」の質統一化を行なえ、特に初等・中等・高等講座生にとってはまだ習っていない「操法と体操」の技術を習得するべく、練習への熱の入れようは、そばにいるととても感じられました。



*夜間練習
 セミナー前日の夜間練習では、井本先生にご出席頂き、福岡講座生の質問へのご回答・ご回答内容に沿った「操法・体操」をご指導頂きました。

 予定の時間を大幅に過ぎていたにも拘らず、参加者全員が時間を忘れて、井本先生からご指導頂いた「操法・体操」に取り組んで、密度の濃い時間が過ぎて行きました。

 井本先生、夜遅くまでご指導頂きありがとうございました。



*セミナー本番
 セミナー当日、受付開始前の時間帯から参加の方々がみえられ、あわてて受付を行なったほどでした。
 参加の方々からは、期待と緊張が感じられました。

 いよいよセミナーが開始され、テーマに沿った説明・デモ・実習と進みました。

 実習はグループ別に、グループリーダーの指導者の先生にご指導を頂き、一般参加の方も講座生と組んで「操法・体操」の実習を行ないました。

 福岡講座生も一般参加の方と組んで実習を行ない、練習の成果が十分に発揮されたものと思います。

 井本先生のご講義では、一般参加の方から出された質問にお答え頂き、関連する「操法・体操」をご紹介・ご指導頂きました。
 井本先生、質問に丁寧にお答え頂き、ありがとうございました。

 実習でグループリーダーにご指名させて頂いた指導者の先生・各グループの指導者の先生方、ご指導本当にありがとうございました。

 また、各地から遠い福岡まで足を運び参加頂いた講座生の皆様、ありがとうございました。

 セミナーに参加くださった一般参加の皆様、感謝申し上げます。

 セミナー後の参加者アンケートにも多数の方のご協力を頂き、一般参加の方からは「大変良かった」「来年も参加します」など、福岡講座生にとってはうれしくてありがたいご意見も頂戴しました。

 貴重なご意見を参考にさせて頂き、次回は更に充実した内容でお迎え出来るように努力致します。


 次回のセミナーでも皆様にお目にかかれることを、福岡講座生一同楽しみにしております。

 ありがとうございました。

                        実行委員長 松本 岩夫

2012年01月14日

初夢と寝相

ヨンイーです。
我が家ではお正月気分もお餅の消費と共に過ぎ去って行きましたが、
正月花のみが名残を伝えております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
本年もよろしくお願いいたします。

お正月と言えば「初」
「初」も色々ありますが…初夢は皆様見られましたでしょうか?

残念ながら今年の初夢は全く記憶にありません。
しかし、眠りの質としては良かったと言えるのでしょうか…。

夢を見るということは熟睡できていない、呼吸器に負担があると学びました。
(肺の厚みに左右差がある)

体は常に呼吸により、吸う吐くで弛緩と緊張を繰り返しています。
体の強張りから呼吸器に負担がかかり、深い呼吸がはいらず良い眠りに入れない。

昨年の東京セミナーで学んだ事を少しですが(テーマは眠りでした)ご紹介します。 


眠りは長さではなく質が大事

質の良い眠りとは?
・程よく体が疲れている事
・体が眠りを欲求している事(寝付きが悪い…、まだ疲れていない)

疲れは2種類あり、
・全身を使った疲労は心地良い疲れ→寝返りや圧迫により体が弛む
・パソコン等、局所的に体を使った疲労→部分的にしか弛まず偏りができる

その他にも
・昼間にエネルギーを使う・だらだら寝をしない
・2度寝をしない
・寝る直前の飲食、入浴をしない
入浴直後は汗をかくことにより一時的に体温が下がってしまう。
(汗をあまりかかない人は気にしなくても良い)

という事で面白いデモがありました。

寝相でわかる体のつかえ
・頭に手をおく…頭の緊張
・手をバンザイ…呼吸器
(肺を挙げようとしている)
・右側を下に横寝…肝臓
・胃周辺を掻く…消化器

体のつかえを圧迫や刺激で無意識にとっているのですねぇ。
道場生がそれぞれのポーズを演壇上でばっちり決めた成果か、爆笑の渦が…。
とてもわかりやすく親しみやすいセミナーでした。

面白いですねぇ〜。
ちなみにわたしはうつ伏せ寝で足の親指を圧迫していることがあります。
寝相にも意味があり、体を弛める生理現象なのですね。

ちなみに俳優Mさんは布団の乱れもなく、ビシッと"気をつけ"で目覚めるそうです。 
弛んでいるのでしょうか?

様々な寝相がありますが、今夜はどのような寝相がくり出されるのやら?
                                                     おわり

2011年05月31日

「完結」・・・GW講座 〜その6〜

くぅですムード
つづきです…


GW講座の受講を決めた際、せっかくだから通常の講座も覗いてみたい…

そう思い、一泊延泊しましたニコニコ


が……
翌日は残念ながら、授業はなく、しかも、自主練習会はお昼から…


飛行機の都合上、1時間しか参加出来ない…


参加していいのだろうか…??

迷った挙げ句、小林先生に相談すると、


どうぞ、どうぞニコニコ
全然構いませんよニコニコ


と背中を押して下さり、参加することにしました。


開始より1時間早く着いた私たち。


事務局の皆さんにも事情を伝え、練習へ。


少し早めに来られた先生方が、時間がない私たちのために、自分達の課題をご指導下さいました。


その後、小林先生もお見えになり自主練習会がスタートしました。


みんなで輪になって行う合掌行気から始まった自主練習会は、
私たちの想像を遥かに超える、内容の濃いものでしたぴかぴか


小林先生のポイントを押さえたご指導の数々ニコニコ


少しの時間でも出席して良かったぴかぴかと、ほんとに思いました。


小林先生を初め、ご指導下さった先生方、一緒に練習して下さった道場生の皆さん、
ほんとにありがとうございましたムード


嬉しい、幸せな気分ぴかぴかで帰路に着いた私たちニコニコ


思いっきり、時間配分、間違いましたプシュー


余裕を持って、空港に着くように計算したはずなのに……

良かった、良かったぁニコニコニコニコ


と、ペチャクチャおしゃべりしながら歩いていたら……
時間が、
時間が迫ってるじゃありませんかプシュー


あれ???



でも、内心ハラハラしながらも乗り遅れる気がしませんイヒヒ


モノレールの中で、


もしかして、走る…??


と、心配して聞いてくるAさん。


いや、走りはしないけど、早歩きかな……


と、返し、空港に着くと小走り汗汗

笑いながら、ついて来るAさんたらーっ自主練習会に参加したおかげで、パワーがありますGO!プシュー


出発15分前のぎりぎりチェックインひやひや
無事に福岡へ飛行機


こうして、実りある講座は全て終了したのでしたニコニコぴかぴか


おわり

2011年05月27日

[ 「最終日」・・・GW講座 〜その5〜

くぅですぴかぴか
つづきです…



いよいよ最終日です。


この日ももちろん朝練から参加ですニコニコ

朝練でもう一度、腹部の練習がしたくて、ある先生にご指導して頂きました。


柔らかい、強いが問題ではなくて、下丹田がしっかりしているかどうかが問題。
いくら柔らかい手であっても、下丹田がしっかりしていなければ、呼吸は捉えられない…


と。


ここに初日の夜間練習で同じことをされたのに、
先生と講座生とでは感じ方が違った答えがあるのだと思いました。


力が入ってないのに、鈍い痛みが走るほど捉えられたのは、先生の下丹田だったんだ……と。


下丹田、下丹田…
よく講座でも言われますが、これほどにも実感したのは恥ずかしながら、初めてでした汗


実りある朝練で嬉しい限りですニコニコ


そして、講座では最後の放射能対策の整体体操として、上胸部三角点の体操が紹介されました。
この体操は、なかなか上手くいかないので自分でも苦手意識があります汗


楽に、最後に幸福感を味わえるのが真の整体体操。


以前、徳山で井本先生がおっしゃったのを思い出し、無理なく楽に行うように心がけました。


この日も前回のお正月講座の復習から始まり、目で悪いところを探す練習をしました。

目で見て、手で確認をする。確かに、最初に入ってくる情報は目からです。

どうしても「手技」というと「手」の感覚が全てと思いがちですが、
体の全ての感覚を活用することで、相手の体の声を聞くことが出来るのだと思います。


こうして講座を全て終了しました。


さてさて、講座も終わったことで福岡講座生だけで、ちょっとした打ち上げですニコニコ


近くの中華料理店で、手際よくオーダーしてくれる先輩ニコニコ ワイワイ、ガヤガヤ楽しい時間でしたぴかぴか

食事も終え、また福岡でたらーっと、それぞれ帰路に着きました。


私たち三人組は…


なが〜い国立競技場駅のエスカレーターを危うくこけそうになる、ほろ酔い気分のBさんニコニコ
その後、Bさんの言動にお腹がよじれるくらい笑い、一日が終わりましたニコニコぴかぴか


つづく

2011年05月25日

「涙と出会い」・・・GW講座 〜その4〜

くぅですぴかぴか
つづきです…


そしてこの講座では、放射能対策の整体体操が日替わりで紹介されました。


初日はT9の体操。
そして二日目は、リンパ体操。


力が行き過ぎないように、流れるように…

と、再確認しながら誘導していきます。
分かっているようで、難しい汗

この体操が、目に見えない放射能の恐怖を抱えている方々の助けになる事を願うばかりです。


そして、骨盤を締める操法へと続きます。
手で腸骨の開き具合を確認し、開いている方を締めていく。すごく難しい操法です。一連の操法をするのに、腰が強くないと出来ませんポロリ
腰で踏ん張れない私は、いろんな所に力が入り汗だくです汗汗


お昼みに、ふぅ〜と一息ついていると、目を赤く腫らしたAさんが……


な・に・ご・と…?


聞けば、
自分の出来なさに涙ポロリこの数年、何を学んで来たのか…ポロリポロリ
しかも、声をかけてくれる先生がみんな優しくて……泣き顔
と。


思わず、もらい泣きポロリポロリポロリ


これは、これまで自分たちなりに勉強し、自主練習をしてきた私たち地方講座生が初めて東京講座生と組んだ時に感じるショック。


分かっていた…はずなのに、分からない。そう思うと椎骨すら読めない。
悔しい思いが込み上げ涙が出る。


通常の講座で出来なくて涙するCさんと同じですニコニコ

初めて特別講座に参加した時、私もそうでした。
涙が出ないようにこらえるのがやっとで、その時も先生方の優しい言葉に支えられました。


どうしてこんなにも井本整体には素敵な先生が多いのでしょう…
心に同調して下さる先生方が…


そう思うと、午後の講座で指導して下さる先生方にほんとに有り難い感謝の気持ちでいっぱいになりましたぴかぴか


そして、老人の操法、腰周りの操法、夜間練習では胸骨よせ、腹部よせ、さらには足の連続技。
難易度の高い練習の数々でした。


こうして二日目も無事に終了し、ホテルに戻り、今日流した涙について語り明かしたのでした。


つづく

「朝の珍事」・・・GW講座 〜その3〜

くぅですぴかぴか
つづきです……

今回の講座は福岡講座生、総勢10名の参加で、うち同期が私を含め三人いました。

特別講座が初めてのAさんと、毎回参加のBさんニコニコ
(ブログペンネームは長いので、AさんBさんにしましたひやひや汗)

もちろん三人同じホテルニコニコプチ修学旅行みたいな感じで、
深夜までお部屋でペチャクチャ…おかげで、二日目は寝不足です…ひやひや汗


でも、いつもと環境が違います!
気合いですっパンチ

もちろん、朝練から参加しないわけがありませんニコニコ


気持ちのいい早朝、道場までの道すがら、コンビニ騒動(長くなるので割愛しますプシュー)があり、
すでにハイテンションな私たちニコニコ

角を曲がると、道場の前には、門下生の皆さんがいらっしゃっるじゃありませんか。


うわぁ〜、早いねぇ。
昨日はいなかったのに、今日はこんなに早くから道案内なんて………
すごいねぇたらーっ


と、幸せな、いやいや、ハイテンションな私たちは話をしながら近づくと、


先生がお見えだから…!


そう言われ、振り返るとあのロールスロイスがすぐ後ろにげっそりげっそりげっそり



降りて来られた井本先生に


おはようございますっ(ニコッ)



おはよう。
早いねぇ。


と声をかけて下さり、井本先生に続いて、道場へと入ったのでした。


井本先生のお出迎えを道案内と勘違いした私たち…


門下生の皆さん、大変失礼しましたひやひや


天気もよく、井本先生にご挨拶が出来、朝からすでにお腹いっぱいですニコニコ


つづく

2011年05月24日

「ストーリー」・・・GW講座 〜その2〜

くぅですムード
つづきです……


そんな緊張感が漂う道場では、時が経つのも早いものです。
しかも初日は、気合いの入りようも違いますから…ひやひや


あっという間に、一日のスケジュールも終わり、夜間練習に。


何かやりたい事はないか…?


聞かれて間髪入れずに答えました。


お腹。
腹部がやりたいですイヒヒ

と。



何故でしょう……


背中をまたぐ操法よりも、基本の腹部の観察が未だに分からないでいるから。。。


いやいや、私の腰は背中をまたぐのに限界だったから…


理由はともあれ、希望を聞いて下さり、夜間練習は「腹部」でしたニコニコ


胃が痛い時の肋骨ハの字挙上から始まり、腹部四点へ。


腹部四点で、ペアを組んだ道場生の型がしっくり来ない…
受けてる私も、何かが違う。でも何が違うのか分からず、グループの認定指導者の先生を呼びました。


その先生から出た言葉は…


「この腰はひどい……よく騙してたね…」


さっきまでは感じなかったのに、先生が触れると側腹、四点、全てに鈍い痛みが走る…


「何も力入れてないのに、そんなに痛いのだから……」


確かに先生の手を触っても、全く力が入っていないのが分かります。


いつもとどこか違う先生
(私には体調が悪そうに見えました汗)
を見ながら、さっき道場生にされた時は何も感じなかったのに、なんでだろう…



そんなこと考えてると


「腹部で良かったね。」


と言われ、


「実は私がリクエストしました…」



と言うと、



「ちゃんとストーリーになっているんですよ。」

と笑って、おっしゃいました。


腹部をリクエストしたのは、私の体の声だったのです。


その後、十二調律点をし、一日目の講座は終了しました。


つづく

2011年05月23日

「型・構え・・・GW講座 〜その1〜

こんにちはたらーっ
くぅですムード

5月も半ばを過ぎましたが、皆さんいかがお過ごしですか…?

今年はいつも以上に暑く感じますプシュー
夏は一体、どうなるんでしょうね…


さて、
今年もゴールデンウイーク講座に、行って来ましたニコニコ


テーマは「型・構え」


前回の「救急操法」もそうでしたが、今回もすご〜く、興味あるテーマでした。


毎回毎回、ほんとに興味をそそられるテーマだなぁ…と変なとこで感心しています汗


「型・構え」とは……


分かっているようで、きちんと説明出来ない自分が情けなくなりますポロリ


「命に対する礼」


初日の講座の冒頭、小林先生がおっしゃいました。


そうなんです。


私たちが向き合い勉強し、見ているのは、紛れも無い「命」。


人形ではありません。


だから、一つ一つの技を真剣に大事にしなければいけない……
決して遊び半分ではいけない。


それが、井本整体の「型」であり「構え」なんだと。


それは講座生が一番最初に教わることでもありました。


講座では前回の復習も兼ねた操法。


一つ間違えれば、逆に体を壊してしまう…
そんな難しい操法の数々。


真剣にやりなさい……


井本先生の声が聞こえてきそうです。


つづく