2014年03月31日

福岡人体力学ミニセミナーを終えて

福岡五期生の井口です。

「福岡講座の仲間を増やそう❢」をスローガンに、
去る3月16日に福岡講座ミニセミナーを実施しました。

これまで、主催者も女性講座生のみ、
参加者も女性のみを対象とした女性講座は経験しましたが、

今回は目的に沿って
初めてメンバーに男性講座生を加え、
また男性の参加者も募っての開催です。

初の試みということでは、
参加者を募るにあたっても
ホームページや既参加者への案内にとどまらず、

博多や天神の整骨院やリラクゼーション施設等へ
パンフレットを持ち込んで
療術者の方にご案内するという、
攻めの姿勢で臨みました。

みなさん、快く受け取ってくださってありがたかったです。

さて、こうして迎えた当日、
おなじみの方、新顔の方、
男女取り混ぜた参加者をお迎えしました。

午前は藤本さん、午後は井上香苗さんが、
井本整体の歴史から始まって、
整体とは何か、腹部操法等を説明しました。

これまでの学びを
自分の言葉で説明するお二人の語り口は、
整体に対する情熱を参加者のみなさんに確かに伝えていました。

佐藤さんの簡にして要を得た腹部操法のデモのあと、
実技に入ると、参加者のみなさんの感覚の鋭さ、
集中力にまず驚きました。

お腹に触るのは初めてという方も
相手を変えていくうちに、
ここ❢という場所を感じ、
また直感的に相手の命、身体を大事に扱うということを
学んでおられたように感じました。

内転筋からの骨盤挙上体操、
内転筋の骨盤呼吸法は真剣に感覚を追って、
繰り返すうちに、

「さっきより上手にできた気がする」、

「だんだんに深い呼吸ができる」

と、身体が変わることを体感しておられました。

セミナーの最後は、午前午後とも、
講師の島村剛先生が締めてくださいました。

講座が進んでいくと、
腹部だけでなく椎骨を読んで、
身体を変えるこの一点を見つけるのだという説明とともに
示してくださった操法の迫力に、
みなさん、身を乗り出しておられました。

先生の見せてくださった型に
何年後かの自分のイメージを描いたのは
私たち講座生も同じです。

充実した空気の中、セミナーは終了しました。

では仲間を増やすという目標はどうだったかというと、
セミナー終了直後にお二人が申込書を提出してくださるという
望外の結果となりました。

そのほかにも、いずれ講座に参加したい、
またセミナーに参加したいという励みになる声をたくさんいただきました。

このような機会を与えてくださった井本先生、
ご指導くださった島村先生、加島先生、門根先生、松崎先生、門下生のみなさまに
心からお礼を申し上げてご報告とさせていただきます。

ありがとうございました。
posted by bigsheep at 23:51| 講座生のつぶやき(福岡セミナー編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする