2012年01月14日

初夢と寝相

ヨンイーです。
我が家ではお正月気分もお餅の消費と共に過ぎ去って行きましたが、
正月花のみが名残を伝えております。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
本年もよろしくお願いいたします。

お正月と言えば「初」
「初」も色々ありますが…初夢は皆様見られましたでしょうか?

残念ながら今年の初夢は全く記憶にありません。
しかし、眠りの質としては良かったと言えるのでしょうか…。

夢を見るということは熟睡できていない、呼吸器に負担があると学びました。
(肺の厚みに左右差がある)

体は常に呼吸により、吸う吐くで弛緩と緊張を繰り返しています。
体の強張りから呼吸器に負担がかかり、深い呼吸がはいらず良い眠りに入れない。

昨年の東京セミナーで学んだ事を少しですが(テーマは眠りでした)ご紹介します。 


眠りは長さではなく質が大事

質の良い眠りとは?
・程よく体が疲れている事
・体が眠りを欲求している事(寝付きが悪い…、まだ疲れていない)

疲れは2種類あり、
・全身を使った疲労は心地良い疲れ→寝返りや圧迫により体が弛む
・パソコン等、局所的に体を使った疲労→部分的にしか弛まず偏りができる

その他にも
・昼間にエネルギーを使う・だらだら寝をしない
・2度寝をしない
・寝る直前の飲食、入浴をしない
入浴直後は汗をかくことにより一時的に体温が下がってしまう。
(汗をあまりかかない人は気にしなくても良い)

という事で面白いデモがありました。

寝相でわかる体のつかえ
・頭に手をおく…頭の緊張
・手をバンザイ…呼吸器
(肺を挙げようとしている)
・右側を下に横寝…肝臓
・胃周辺を掻く…消化器

体のつかえを圧迫や刺激で無意識にとっているのですねぇ。
道場生がそれぞれのポーズを演壇上でばっちり決めた成果か、爆笑の渦が…。
とてもわかりやすく親しみやすいセミナーでした。

面白いですねぇ〜。
ちなみにわたしはうつ伏せ寝で足の親指を圧迫していることがあります。
寝相にも意味があり、体を弛める生理現象なのですね。

ちなみに俳優Mさんは布団の乱れもなく、ビシッと"気をつけ"で目覚めるそうです。 
弛んでいるのでしょうか?

様々な寝相がありますが、今夜はどのような寝相がくり出されるのやら?
                                                     おわり