2011年05月25日

「涙と出会い」・・・GW講座 〜その4〜

くぅですぴかぴか
つづきです…


そしてこの講座では、放射能対策の整体体操が日替わりで紹介されました。


初日はT9の体操。
そして二日目は、リンパ体操。


力が行き過ぎないように、流れるように…

と、再確認しながら誘導していきます。
分かっているようで、難しい汗

この体操が、目に見えない放射能の恐怖を抱えている方々の助けになる事を願うばかりです。


そして、骨盤を締める操法へと続きます。
手で腸骨の開き具合を確認し、開いている方を締めていく。すごく難しい操法です。一連の操法をするのに、腰が強くないと出来ませんポロリ
腰で踏ん張れない私は、いろんな所に力が入り汗だくです汗汗


お昼みに、ふぅ〜と一息ついていると、目を赤く腫らしたAさんが……


な・に・ご・と…?


聞けば、
自分の出来なさに涙ポロリこの数年、何を学んで来たのか…ポロリポロリ
しかも、声をかけてくれる先生がみんな優しくて……泣き顔
と。


思わず、もらい泣きポロリポロリポロリ


これは、これまで自分たちなりに勉強し、自主練習をしてきた私たち地方講座生が初めて東京講座生と組んだ時に感じるショック。


分かっていた…はずなのに、分からない。そう思うと椎骨すら読めない。
悔しい思いが込み上げ涙が出る。


通常の講座で出来なくて涙するCさんと同じですニコニコ

初めて特別講座に参加した時、私もそうでした。
涙が出ないようにこらえるのがやっとで、その時も先生方の優しい言葉に支えられました。


どうしてこんなにも井本整体には素敵な先生が多いのでしょう…
心に同調して下さる先生方が…


そう思うと、午後の講座で指導して下さる先生方にほんとに有り難い感謝の気持ちでいっぱいになりましたぴかぴか


そして、老人の操法、腰周りの操法、夜間練習では胸骨よせ、腹部よせ、さらには足の連続技。
難易度の高い練習の数々でした。


こうして二日目も無事に終了し、ホテルに戻り、今日流した涙について語り明かしたのでした。


つづく