2011年05月24日

「ストーリー」・・・GW講座 〜その2〜

くぅですムード
つづきです……


そんな緊張感が漂う道場では、時が経つのも早いものです。
しかも初日は、気合いの入りようも違いますから…ひやひや


あっという間に、一日のスケジュールも終わり、夜間練習に。


何かやりたい事はないか…?


聞かれて間髪入れずに答えました。


お腹。
腹部がやりたいですイヒヒ

と。



何故でしょう……


背中をまたぐ操法よりも、基本の腹部の観察が未だに分からないでいるから。。。


いやいや、私の腰は背中をまたぐのに限界だったから…


理由はともあれ、希望を聞いて下さり、夜間練習は「腹部」でしたニコニコ


胃が痛い時の肋骨ハの字挙上から始まり、腹部四点へ。


腹部四点で、ペアを組んだ道場生の型がしっくり来ない…
受けてる私も、何かが違う。でも何が違うのか分からず、グループの認定指導者の先生を呼びました。


その先生から出た言葉は…


「この腰はひどい……よく騙してたね…」


さっきまでは感じなかったのに、先生が触れると側腹、四点、全てに鈍い痛みが走る…


「何も力入れてないのに、そんなに痛いのだから……」


確かに先生の手を触っても、全く力が入っていないのが分かります。


いつもとどこか違う先生
(私には体調が悪そうに見えました汗)
を見ながら、さっき道場生にされた時は何も感じなかったのに、なんでだろう…



そんなこと考えてると


「腹部で良かったね。」


と言われ、


「実は私がリクエストしました…」



と言うと、



「ちゃんとストーリーになっているんですよ。」

と笑って、おっしゃいました。


腹部をリクエストしたのは、私の体の声だったのです。


その後、十二調律点をし、一日目の講座は終了しました。


つづく